発酵料理家   真野 遥さんが日本酒に合う料理をご提案

辰泉ペアリングレシピ

真野遥様プロフィール写真__edited.jpg

純米 辰泉

鶏手羽と叩きごぼうのバルサミコ醤油煮込み

純米酒 辰泉_BO0A8413.png

純米 辰泉

辰泉のスタンダード。なめらかな飲み口の中にじわっと会津産米の旨みが広がります。様々な料理に寄り添う、飲み疲れのない食中酒です。

原料米 コシヒカリ(使用割合80%)夢の香(使用割合20%)
精米歩合 65%
アルコール分 15.8度
日本酒度 +1
酸度 1.5

鶏手羽とたたきごぼうのバルサミコ醤油煮込み(純米 辰泉)_edited.jpg

純米 辰泉

じんわりと膨らむ、やわらかくて滋味深いうま味が特長。ぶどうを思わせるほのかなフルーティーさもあり、会津らしい純米酒の味わい。こっくりした味付けの醤油味の煮物など、日本の家庭料理や会津の郷土料理に合わせたい。

テイスティングコメント

「鶏手羽と叩きごぼうのバルサミコ醤油煮込み」レシピ

材料(2人分)

鶏手羽中…8本程度
ごぼう…1/2本(70〜80g)
ドライいちじく…1個(レーズン大さじ1でも代用可、もしくは無しでもOK)
(A)水…150ml
(A)酒…大さじ2
(A)醤油…大さじ1
(A)バルサミコ酢…大さじ1/2(他の酢でも代用可)
(A)砂糖…小さじ1
青ねぎ(小口切り)…適量
油…大さじ1/2

作り方

①ごぼうはよく洗って泥を落とす。めん棒などで叩き、食べやすい大きさにちぎる。10分ほど水にさらし、ざるにあげる。ドライいちじくは1cm角に切る。
②鍋に油を敷いて中火で熱し、手羽中を皮目から焼く。しっかり焼き色がつき脂が出てきたらごぼうを加え、さっと炒める。(A)とドライいちじくを加え、煮たったらアクを取り、落とし蓋をして弱めの中火で20分煮る。
③汁気が少なくなったら火を止めて器に盛り、青ねぎを散らす。

ペアリングのポイント

ほのかに感じるぶどうのような果実味に合わせて、ドライいちじくとバルサミコ酢でアレンジを加えた鶏の煮物を合わせました(お酢の力で、骨付き肉の身離れが良くなるのも嬉しいポイント◎)。お酒の深いうま味はごぼうの味わいにも負けず、互いの風味を引き立てます。
もったり重たくならないよう、青ねぎでアクセントをきかせるのも大事なポイント。
じっくり、しみじみと噛み締めたいペアリングです。是非ともお燗で。
(飲み方:常温〜上燗)