会社概要

辰泉酒造の取り組み

辰泉酒造は創業以来、会津の恵まれた環境のもと、大量生産・大量販売方式を避け、手造りの良さを生かしたていねいな酒造りを心掛けて参りました。
全ては馥郁(フクイク)たる香りとまろやかな風味・旨味を引き出し、飲む人の心に感動を与える清冽な酒を造るために。そして日本酒の新たな可能性を少しずつ広げていくために。
「会津の米と会津の水を生かしたこだわりの酒造り」・・・
現在もその姿勢を変える事なく、酒造りに取り組んでおります。

沿革

明治10年(1877年)

昭和41年(1966年)

昭和49年(1974年)

昭和60年(1985年)

平成2年(1990年)

平成21年(2009年)11月

平成23年(2011年)10月

初代新城龍三、本家新城家(酒造業)より独立し、会津若松市博労町(現会津若松市上町)で酒造業を創業

会社組織に改め、合資会社辰泉酒造となる

三代目新城新次、社長(代表社員)に就任

幻の酒造好適米「京の華」を復活させ、醸した酒「純米大吟醸 京の華」発売

会津産の契約栽培米を用い、伝統の手法で醸した酒「純米 会津流(あいづながれ)」発売

四代目新城壯一、社長(代表社員)に就任

南部杜氏の引退にともない、蔵元・社員・地元蔵人が一丸となった新体制での酒造りが始まる

受賞歴

平成10年(1998年)

平成18年(2006年)~平成25年(2013年)

令和元年(2019年)

第80回南部杜氏自醸清酒鑑評会において国税庁長官賞(総合2位)を受賞

「大吟醸 京の華」が平成17酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞
以来、平成24酒造年度まで通算7回の金賞を受賞

「純米大吟醸 京の華 雫」がInternational Wine Challenge SAKE 2019にて
Bronze Medal を受賞

令和3年(2021年)

「純米大吟醸 京の華 雫」がInternational Wine Challenge SAKE 2021にて
Silver Medal を受賞

​会社概要

社名

合資会社辰泉酒造

事業内容

清酒および本格焼酎(酒粕)の製造並びに販売

代表者

新城壯一

製造責任者

新城壯一

従業員数

2名(酒造期6名)

所在地

〒965-0034 福島県会津若松市上町5番26号

TEL/FAX

0242-22-0504 / 0242-22-0503