BO0A7741 のコピー.jpg

​辰泉のこだわり

辰泉酒造は創業以来、会津の恵まれた環境のもと、大量生産・大量販売方式を避け手造りの良さを生かしたていねいな酒造りを心掛けています。

辰泉酒造_酒米

​酒米

01

幻の酒造好適米

「京の華1号」

大正時代に山形県庄内地方で生まれ会津地方でも広く栽培された酒米「京の華1号」は、収穫量が少なく背丈が高いため農作業が至難で1950年には会津での作付けが途絶え、幻の酒米となりました。
1980年、弊社三代目新城新次と杜氏晴山成志は「もう一度会津の米の良さを引き出した最高の酒造りがしたい」という強い思いを抱き、福島県農業試験場より一握りの種もみを譲り受けて賛同した地元農家とともに三年掛かりで「京の華1号」を復活させました。三十年間醸造することがなかった「京の華1号」での仕込みは困難を極めましたが、1985年に独特な旨みあふれる「純米大吟醸 京の華」が誕生しました。以来、辰泉酒造では「京の華1号」の酒を醸し続け、全国新酒鑑評会にて通算七回の金賞を受賞しています。まぼろしの米「京の華1号」を復活から20数年。今も変わらぬ情熱を持って良い米を地元農業者と共に育てる事から酒造りに取り組んでいます。

自然湧水と清浄な井戸水

福島県会津地方は山々に囲まれた自然豊富な土地です。特に会津若松市のある会津盆地は、夏暑く冬は寒さ厳しいという天候条件に加え、周りの山々からの豊富な伏流水を生かして古くから米作りが発達し、現在では日本有数の米どころとなっています。
辰泉酒造が造るお酒も磐梯山麓および飯豊山麓の自然湧水と、地下より湧き出る清浄な井戸水を用いています。

辰泉酒造_仕込水

02

仕込水

辰泉酒造_仕込

03

仕込

一本ずつ丁寧な手仕込み

仕込み(酒造り)は一年中で最も寒い季節(空気の清浄な時期)の12月から3月までに限定し、一本ずつ丁寧な小仕込みを行っています。 全ては酒本来の馥郁(フクイク)たる香りとまろやかな風味・旨味を引き出し、飲む人の心に感動を与える清冽な酒を造るために。
「会津の米と会津の水を生かしたこだわりの酒造り」・・・現在もその姿勢を変える事なく、酒造りに取り組んでおります。

商品のご案内

純米大吟醸京の華

会津の地に復活した幻の米「京の華」。他の原料米にはない独自の味わいです。

純米会津流

会津産米の旨みを凝縮しました。様々な料理に合う懐の深さをお試し下さい。

吟醸辰泉新辛口

伝統の製法にこだわった弊社のスタンダードです。

純米吟醸鶴ヶ城

地元ブランド「鶴ヶ城」は福島県内限定販売です。

にごり原酒春の雪

濃醇な味わいの原酒にごり等、バラエティを求める方へ。

辰泉Black

辰ラベルシリーズ

特約店専用商品